声優になる方法や声優業界のお仕事について

声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ

コラム

声優とマネージャーの関係とは?仕事内容は激務?

更新日:

人気職業となっている「声優」。

フリーランスで活躍する方も多くいますが、若手の場合はまずプロダクションへ所属することを目標とします。

その際、必ずプロダクションにはマネージャーがおり、声優と二人三脚で営業をしてもらい、仕事を獲得していきます。

声優のマネージャーってなにするの?

よく声優の付き人となって、車を運転したり買い出しに行ったりというイメージかもしれませんが、マネージャーの本業は営業です。

プロデューサーやキャスティング権がある人へ自身の所属する役者をアプローチします。

キャスティングのためにオーディションをすることも多々あり、その参加権をマネージャーを通じて獲得することもあるでしょう。

また収録が終われば、スタッフ陣と飲み会や役者とコミュニケーションを通じて信頼関係を築いていかねばなりません。

役者が仕事に集中できるよう、しっかりサポートし寄り添うことも必要です。

よく勘違いされることがありますが、声優のマネージャー=声優オタクは嫌われる傾向にあります。

マネージャーに限らず、公私混同するサラリーマンは評価されるでしょうか?

もちろんアニメや映画作品など、好きであり最高の作品を作るメンバーとしての愛は必須です。

それがないとキツイ仕事を乗り切れません。

ただ大好きな声優と近づきたいからマネージャーになり、ゆくゆくは…なんて考えていると確実に痛い目にあいます。

もし声優マネージャーになりたい人がいた場合は、その辺の心構えが必要だと思います。

声優とマネージャーの関係

プロダクションごとにスタイルが違いますが、顧客先ごとにマネージャーがつく場合と、声優ごとに担当マネージャーがいる場合と2パターンが多いです。

顧客先ごとだと、例えばNHK担当マネージャーとして、先方からキャスティングについて連絡あった場合、専属で対応することになります。

営業マンにとっては効率的ですし、顧客先にとってもコロコロとマネージャーが変わる不便さを感じないため、密接な営業ができるメリットがあります。

声優ごとに担当マネージャーがつく場合、幅広く営業をしていく必要があります。

その分、声優と密接になるので、それぞれの強みや特徴を顧客へ説明しやすいメリットがあるでしょう。

いずれにしても声優とマネージャーはビジネスライクな関係です。

どうすればいい作品を作り、仕事につなげていけるのかが重要です。

繊細な役者も多いでしょう、無茶ぶりをしてくる顧客もいるかもしれません、急な代役が発生することや突然のスケジュール変更もあり得ます。

こうした調整を行うこともマネージャーの仕事です。

多岐に渡って体力と頭脳を使うプロフェッショナル達だと言って過言ではありません。

よって声優サイドにとってもマネージャーと信頼関係を築いていくことが最初のミッションかもしれません。

-コラム

Copyright© 声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.