声優になる方法や声優業界のお仕事について

声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ

コラム

声優の専門学校や養成所選び方まとめ!プロダクションとのコネも大事

投稿日:

誰もが一度はあこがれる芸能界。

そのなかでも「声優」という職業が近年注目を浴びており、実際に声優を職業とする人が急増しています。

声優になるために、特別な資格などは要りませんが、多くの人が声優の専門学校や養成所でレッスンを行い、オーディションで選ばれた方が念願のプロダクション所属へと近づきます。

専門学校の選び方

近年、都心部を中心に声優コースがある専門学校も増えています。

いずれもプロの声優や演技者が講師となって、新鮮な授業を展開しています。

どれもそれが当たり前と思って専門学校は選択したほうがいいでしょう。

それ以外でどんなメリット・特徴があるのかに注目してください。

例えば施設の充実、学費、現場に参加できる経験数などその学校のアイデンティティを見つけてください。

どれほどプロダクションが公開オーディションに来てもらっているのか

必ずどんな専門学校でもプロダクションに向けた公開オーディションをやっているはずです。

その数が多い方が当然スカウトされる可能性も高まります。

どれだけ専門学校がプロダクションとパイプを築いているのかは要チェックです。

何校か比較する際、学校の職員に前年度は何社ほど来たのか聞いてみましょう。

どれだけ充実した学生生活をしてもオーディションで合格しなければ意味がありません。

是非チェックしてみてください。

養成所の選び方

専門学校に比べて、ハードルが高くなります。

いきなり養成所に所属できる場合もありますが、ライバルは専門学校やスクールで経験積んだ人と争うことが多いでしょう。

自分がまったく演技の経験もなく、簡単に養成所に入れる場合は、その後の活躍を確認してください。

多くのプロダクションが養成所を併設しています。

選ぶ側も悩ましいのですが、以下を参考にしてみてください。

プロダクションにも強み弱みがある

全てのプロダクションがアニメから映画の吹替え、ナレーションまで強い営業力をもっているわけではありません。

当然、大手プロダクションですと幅広い営業力があるかもしれませんが、その分所属する役者も多いので競争率も高まります。

大体はプロダクションでも強いジャンルや営業先などがあります。

選べる立場にあるならば、プロダクション所属の役者がどんな仕事を多くしているのかをみてみましょう。

実際にスタッフに聞けるなら質問するべきです。

自分は将来アニメ声優になりたい!と思っているのに、映画の吹替えが強いプロダクションではミスマッチです。

仕事を選べる立場にないのが実情ですが、それぞれに強み弱みがあるのは現実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的にはいきなり養成所ではなく、専門学校からオーディションで合格し、プロダクションの養成所に入っていく流れが主流です。

声優志望も選ぶ立場にあるなら、上記のことを思い出してみてください。

-コラム

Copyright© 声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.