声優になる方法や声優業界のお仕事について

声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ

コラム

声優の仕事の種類は?アニメだけじゃない色々な案件について

投稿日:

近年、大人気になっている職業である「声優」。

主婦の友インフォスより発行されている声優専門月刊誌「声優グランプリ」の付録「声優名鑑」に掲載されている女性声優の人数が、

「声優名鑑」が初めて付録になった2001年からの17年間で約4倍になったことが発表されたことで改めて人気職業になってきたことが証明されています。

それとともに声優を目指せる専門学校も都市部では増加傾向となっており、近年では大学でも声優など表現することを学べる学部ができてくるようになりました。

声優という職業で一般的に想像する仕事は、やはりアニメや映画の吹替えだと思います。

しかしそれだけだと声優の人数に対して案件が少なすぎます。

知っているようで知らない声優の仕事を一部ご紹介します。

声優を目指す方の参考になると幸いです。

声優の仕事その1:番組のナレーション

テレビのチャンネルのどこかで情報番組やバライティ―番組は放送されています。

何の気なしに聴いていたナレーションの声も実はアニメでよく聞くあの人の声だったりします。

テレビ局のアナウンサーやタレントが声を当てることもありますが、声優のフィールドとしても抜擢されることがあります。

また情報番組などは半年~一年以上も放送されることも多いため、一度抜擢された場合は比較的長く仕事が得られるので、声優にとっても番組のナレーション業はステータスにもなります。

アニメ声だけでなくナレーションの技能も身につけていく必要があるでしょう。

声優の仕事その2:公共施設などのアナウンス

プラネタリウムや博物館など文化施設では案内人が直接アナウンスすることもありますが、音声アナウンスを声優に依頼し、常時流していくスタイルもあります。

また商業施設などの音声案内なども声優が起用される場合があります。

あなたが不意に訪れた施設で流れた音声が、実は声優の声だったということもあるでしょう。

声優の仕事その3:機械や電話の音声案内

機械の案内や視覚障碍者の方が不便なく利用するために、音声案内を導入することがあります。

その際に声優を起用し、様々なセリフを収録する案件も多々あります。

カーナビの音声案内は、某有名アニメのヒロイン役だった声優で知られていると思います。

声優の仕事その4:ヒーローショーなどの特撮(声のみ出演)

昔はデパートの屋上など、特設ステージで「ヒーローショー」がありました。

今でも観光地などでは様々なショーがあったり、テレビで特撮物が放送されることがあります。

そこで怪人役などがしゃべる場合に、声のみ出演ということで声優が起用されることがあります。

こうした仕事も声優にとっては大きな仕事の一つです。

声優の仕事その5:アプリゲーム

こちらはもはやアプリゲームの広報宣伝として、「Sレアキャラは豪華声優!」など、声優を売りにダウンロードを促すゲームも多くあります。

好きなキャラクターをガチャでゲットしたいということより、好きな声優ボイスが聴きたくてガチャを回すファンも多くいるため、多くの声優を起用することがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上記の仕事もまだまだ一部です。

単発的には「結婚式や披露宴の司会」など、声の仕事はアニメだけではありません。

誰もが人気の深夜アニメに声を当てて、ライブやラジオ番組に出てみたいと思うかもしれませんが、様々なところに仕事が転がっています。

是非ご参考になれば幸いです!

-コラム

Copyright© 声優になるには?声優になりたいあなたを応援するブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.